もっと知りたい!ゴムのこと | その他

もっと知りたい!ゴムのこと  その他

新社屋にて

大変ご無沙汰しております。

Tブです。


早いもので今年も師走。

新社屋に移転して1年と2ヶ月が経過し

当初の思惑以上に新規受注を頂いたこともあり在庫倉庫もパンパン状態です。
(新しい倉庫を探さなければ・・・(*_*;)


またプレス機もキャパが心配になってきたこともありで、

新規設備250t 6台の導入も決まりました!

早ければ来年3月末には稼働の予定ですので 新規品 絶賛受注活動中 です。


今後ともシールパッキン.com を

宜しくお願い致します。
その他|2016/12/06 Tue

工場移転

Tブです。

随分秋らしい陽気になってきて朝晩は寒いくらいの日が

続いていますが、昼間はまだまだ暑いですね。


さてさて、工場の移転日程が本決まり致しました。

以前の私のブログでは9月の早いうちに・・・

とか書いていましたが、申し訳御座いませんです。


10/6までには完全に移転した

新社屋での通常運転ができている予定です。


他のスタッフも書いていますが、

引越・・・ 大変です!!

通常業務と平行しての新社屋の打合せや引越の打合せ、

設備移動の打合せ、新導入品の打合せ、在庫品の移動などなど、

移転に伴う様々な打合せでバッタバタです。



・・・ですが、

お客様へのご対応はクイックレスポンスを心掛け

誠心誠意ご対応させて頂きますので、ご心配なく。


新規案件のお話も多数頂いており、

大変有り難く存知ます。


シールパッキン.com 宜しくお願い致します。
その他|2015/09/15 Tue

夏らしいこと

おはようございます。
スタッフRです。

お盆休みに入っていらっしゃる方も多いでしょうか。
お盆休み中は比較的過ごしやすいようですが
また今週末から厚くなる予想のようです。

10年前の今頃は、休みの日は基本的に
外にみんなで出かける派だったのですが
年齢と共に夏に外に出かける機会がぐっと減り
夏らしいことをあまりしなくなってきました。

今、シーカヤックとホバーボードをやってみたくて
今年の夏のうちにどちらかだけでも挑戦したいです。
とりあえずもう少し涼しくなったら
シーカヤック体験でもしてみようかな…

…が!!!!
何も知らないので、ご存知の方情報お待ちしております(m_ _)m


さて、昨日は新工場のレイアウトの打ち合わせがありました。
バタバタしていますが具体的に決まっていくのはわくわくします♪
頭で考えているだけだとぼや~っとしていることも
実際に図で見たり、書き出してみたりすると
新たなアイデアがでてきたりするから不思議です。

悩んでぼや~っとしたらとりあえず書いてみる
これ、ありかもしれません。

さぁ、熱中症に気をつけて今日も一日がんばりましょう!


     ☆スタッフR☆
その他|2015/08/11 Tue

ゴムのバリ

ご無沙汰致しております。

Tブです。


あっという間に春が過ぎ、関東では連日猛暑の発表される地域も。

寒いよりは暑いほうが良いほうですが、

この時期からこうも暑いと先が思いやられますね。



さてさて、今回はゴム製品のバリについて、

金属加工などでも同様でしょうが、ゴムを成形すると

バリと呼ばれるものが発生します。

一般的にバリとは、

「部品の角エッジにおける部品形状外、周辺の残留物」

などと難しく言われているようですが、

要は加工の際に発生するムダな突起部分です。


よく図面に「バリなきこと」などと記載されていますが

なきこと→ない→ゼロ 

ゼロにすることは、なかなか困難なもので

世の中では、この難問を解決するために様々な方策をとられて

いるようです。

一例ですが、あえてバリを付けた製品を窒素ガスで冷凍し

様々な粒を当てたり、バレル内で回転させ製品同士をぶつけ合わせたり

することで除去する冷凍バリ取(デフレッシャー)や

最近では水に浸漬させ超音波を当てることでバリを除去する装置も

開発されていますね。

また、バリを型でプレスし切り抜いてしまう方法なども多用されています

が、 なかなかバリはゼロにはなりません。




以前もご紹介しているかもしれませんが、弊社では

平パッキン形状の製品であれば、製品平面形状をそのまま筒で成形し

スライスすることで金太郎飴のように平パッキンを生産する方法が

御座います。

筒を輪切りにする度に平パッキンが製品となって作られるので

余分なバリも出来ず、バリのお悩み解消にお役立て頂けます。


シールパッキン.comでは今回お話したバリ以外にも、

製品設計や開発の段階から様々なご相談を頂き、ノウハウを構築させて

頂いておりますので、お気軽にご相談頂けますと幸いです。


スタッフ一同、皆様からのお問合せをお待ち致しております。
その他|2015/05/16 Sat

ゴム成形方法

Tブです。

遅まきながら、新年明けましておめでとうございます。


シールパッキン.comは

今年も皆様へより良いご提案と製品を

お届けできるよう誠意をもってご対応させて頂きます。





さてさて、

ゴムの成形方法には大きく分けて3通り御座います。
(細かく分けると、もっと沢山ですが)


良く知られているのが、

①コンプレッション成形

これは、たい焼きの型と同じようなイメージの型を

適温に加熱保持した製品掘り込み部(キャビティー)に

適量の材料を仕込み、適切な圧力をかけ、適切な時間保持した後

取り出します。


②トランスファー(注入)成形

こちらは、コンプレッション型の上部に材料を仕込む

ポットと呼ばれるものが御座います。

キャビティーからポットへ向けて注入口と呼ばれる道があり

その上にポットがありますので、ポットに適量の材料を仕込み、

圧力をかけ金型を閉じることで材料はポットから注入口を通り

キャビティーに流れ込みます。

ここからは①と同様に、適切な圧力をかけ、適切な時間保持した後

取り出します。


③インジェクション成形

こちらは、①②と設備そのものが違います。

材料の仕込みも半自動で行うものが主流で、

板紐状の材料を自動的にスクリューで巻き取り、軟らかくし

射出口から押出します。

適温保持された金型を適切な圧力で閉じ、射出口から注入口を通り

流し込みます。

あとは①②と同様に、適切な圧力をかけ、適切な時間保持した後

取り出します。



それぞれの特徴ですが、

①は成形方法のなかでも、主流言っても良いのかと思います。

②③と比較すると金型費用も安価ですみます。



②は製品形状的に①では困難な場合に用いることが多いでしょうか。

①と比較すると金型に鋼材を余分に使い、金型加工にも時間を要し

ますので、金型費は高価になります。

また、材料をポットに仕込むことで全てが製品部に流れ込まず、

ポットに残るため、余分な材料ロスがでます。

高価やロスばかりでは有りません。

①では不向きな製品形状の場合には利点の多い成形方法です。



③は設備が違い、金型も①②より高価になりますが、

材料投入後の時間保持が、一般的には1/3から1/5になるので

製品単価を抑えることができ、大量生産が可能です。




それぞれ、特色がありますので、

シールパッキン.comでは

製品形状や数量、使用材料により適切な成形方法を

ご提案しております。
その他|2015/01/20 Tue

こんばんは
最近「株」に興味を持ち始めたスタッフRです

これはもう、完全に周りの影響を受けています
今までも気にはなっていたんですが一歩踏み出せず…
他のスタッフのおかげで一歩踏み出すことができました!!

始めてみて思いました

モーニングサテライトって面白い!!


本屋さんに行っても立ち寄るコーナーが変わり
見るテレビ番組が変わり
ネットでみるYahoo!ニュースでは
エンタメではなく経済を一番に開くようになり

大げさに言うと、人生観が変わりました

勉強のためにやっている程度なので
金額の変動はほとんどないですが
今年初めて良かったことNo.1かもしれないです


今週に入って名古屋も冷え込んでいます
インフルエンザもはやっているようですので
みなさん、風邪にはご注意くださいm(_ _)m

                ☆スタッフR☆
その他|2014/12/03 Wed

大人になってからの…

こんにちは
スタッフRです

先日愛知県西尾市にふらっと出かけてきたんですが
そこで落書きだらけの車を発見!!

LINEcamera_share_2014-09-29-07-15-03.jpg

ご自由にどうぞ、という雰囲気満載でペンが置いてあったので
車に落書きする機会なんてそうないと思い
ご自由に、好き放題書かせていただきました!!

大人になってからの~落書き!!!!
結構長い時間書いてました。

この車はその後どうなるんだろう…と思い
近くにいた人に聞いてみたら
「きれいに洗いますよ~」
といっていました。

…好き放題書いてしまってすみません
「ジバニャン」とか、よくわからないのに
流行だからって書いてしまって…すみません

でも、なんだか少し車に親しみを感じました☆

シールパッキン.comのトップページに
「ノスタルジックカーのゴムパーツ」というバナーがあります。
こちらでは、古いお車のゴムパーツの紹介などをさせていただいております。

そちらの「旧車FAN SITE」でも、スタッフがブログを配信しています。
お時間がある方、そちらも面白いのでぜひぜひ覗いてみてくださいね♪

     ☆スタッフR☆
その他|2014/09/27 Sat

安心提案

Tブです。


お盆休みも遥か昔のように感じていますが

まだまだ暑い日が続いていますね。



さてさて、

お客様からのお問い合わせで多いもののなかで

「〇〇に使うんだけど、〇〇に強いゴム無いかな~」

と言うものです。


ピンポイントであれば、何かに特化して耐性のあるものを

ご提案させて頂くことは、さほど難しいことでは御座いませんが

数種類の耐性を要すゴムになると、

マッチングすることが困難な場合も御座います。


比較的安価で使いやすく、最近よく使われるものですと

前記事でご紹介させて頂いておりますEPDMになります。

他に価格は高いですが

一般物性では他の種類のゴムより多くの耐性に優れているゴムで

フッソゴム(FKM)が御座います。

一般的には耐熱・耐薬・耐油・耐オゾン・耐候・耐老化・耐炎性に

優れています。

逆に弱みとしては耐寒性にとぼしく、比重が重いことでしょうか。

何より材料単価が高いことも弱みですね。

一般的価格のゴムと比較すると

数十倍から数千倍のキロ単価のものがあり、

なかなか選定しづらい材質と言えるでしょうか。




シールパッキン.comでは

お客様の使用用途を詳細にお聞きし、

オーバースペックのご提案でなく、お使い頂き易く、

使用環境、スペックに合った材質・製品を

より安価な製造方法でご提案させて頂いております。
その他|2014/08/27 Wed

体制強化

こんにちは。
スタッフRです。

梅雨もあけ、7月ももう終わりに近づいています。
月末です。今月も月末でバタバタしております。

弊社には本社工場と成形工場がありまして
少し前から体制強化のために
成形工場から本社工場にスタッフが移動してきております。

体制が変わる時は一時的に労力がかかります。
今は大変なときかな、という感じです。
ただ、いい方向に向かっているのは確かです!!


今後はきっと、新しいスタッフがこのブログにも
少しずつ顔出すと思いますので
皆様、楽しみにしていてくださいね♪

     ☆スタッフR☆
その他|2014/07/28 Mon

二次加硫

ゴムには二次加硫という工程があるものがあります。

主にシリコーンゴムに対して行う工程です。

目的としては、低分子量シロキサンがゴム成分内に残留してしまう

のですが、これを高温で長時間加熱処理することにより、

揮発させゴム成分の中から除去をする工程なのです。

これらは、シリコーンの原料であり、

オイルや加硫ゴムなどのシリコーンゴム製品となった後にも微量に

残ってしまうものです。(不純物ではありません)

使用用途によっては厳しく管理を求められるケースもありますが

材料メーカーの推奨の条件にて揮発させることによって

問題なくご使用頂ける状態にして出荷させて頂いております。

他の材質でも(フッ素ゴム、アクリル、H-NBRなど)

必要な材質もありますし、加硫方法によってはEPDMなどでも

二次加硫が必要なケースもあり得ます。

物性を安定させるためや、きつい匂いを飛ばすためであったり

いろいろな用途で利用することもあります。

時間は1時間~4時間程度が平均ですが、

長いものですと24時間入れるようなケースもあります。

いろんなサイズの釜がありますが
こちらはシリコーン用で小さ目のものです。

釜1

こちらは大き目の釜です。
弊社ではフッ素ゴムや、過酸化物加硫のEPDMなどを
いれております。

中身1

ゴムにはいろんな工程がありますので

いろいろ紹介して行きたいと思います。    K.O
その他|2014/07/21 Mon
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 /17 >>
お問い合わせはお気軽に! 0120-468-956 メールでのお問い合わせ

当ホームページをご覧いただきありがとうございます。シール・パッキン・ガスケットのことなら当社にお任せください!まずはお気軽にお問い合わせください。