もっと知りたい!ゴムのこと

もっと知りたい!ゴムのこと  

EPDM(エチレンプロピレンゴム)について

皆さん、こんにちは!代表の久納です。

今回はEPDM(エチレンプロピレンゴム)についてお話ししたいと思います。


ここ最近、様々なところに使われているゴムがEPDMです。



三元共重合体なので、耐薬品、耐候性、耐オゾン性に優れ、比重も軽く、またそこそこの耐熱性も持ち合わせた非常に塚会いやすい素材です。価格はシリコンゴムよりも安価なので量産部品には非常に多く採用されています。


弱点は、耐油には向かず(天然系オイルは別)また機械的強度もそれほど強くはない。



ここまではネットで調べると大体出てきますね。



最近では従来の硫黄を使った加硫方法ではなく、有機過酸化物を加硫剤に使った、過酸化物加硫(パーオキサイド加硫とも言う)という方法あります。


基本的な特性は硫黄加硫と同じなのですが、硫黄加硫と比べて耐熱性の向上(150℃~180℃の高温下でもゴム特性を保持する)や圧縮永久歪率(ゴム試験片に圧縮歪を加えた状態で一定温度で一定時間経過後に圧縮歪を解放し残留した歪)の向上が挙げられます。


最近は自動車向けパッキンに多く使われるようになってきました。



EPDMはゴム硬度もバリエーションが広くて、ゲル状の硬度5HS~プラスチックのような硬さの90HSまで選択できます(但し、30HS以下や80HS以上については対応出来るメーカーは限られます)。


弊社での使用量も直近で1/3以上はEPDMになっています。


EPDMは耐性を特化して採用されることも多くて、特定の耐薬品に特化したものやシリコンに近いくらいの耐熱性を持たせたものなど、メーカーの特徴が出やすい素材でもありますので採用をお考えであればぜひ色々なメーカーに問い合わせてみることをお勧めいたします。

出来たらシールパッキンへお問合わせを(笑)!!


それではまた来週!!
ゴムパッキン|2014/08/25 Mon

一区切り

スタッフKです。

夏の2時間残業スペシャル×3ヶ月もようやく終わり、
成形スタッフは非常にしんどい状況からようやく解放されました。
本当にお疲れ様でしたと言いたいです。

朝も9時を過ぎた頃にはもう暑くなってくるので
今は定時の時間を1時間早めて稼働をし、
少しでも涼しい時間で作業をしてもらうようにしています。

在庫の方はおおよそ想定通りの量を持つ事が出来たので、
これをうまく活用すれば納期に振り回される事のない
生産計画が出来るようになってくると思います。
色んなロスが減ってお客さんにも迷惑をかける事がなくなると思うので
良い体制になってきたのではないでしょうか。

あと数日でお盆休みに入るのでそこまでは気を引き締めて。
お盆はゆっくりと休んでまた明けからはきりっと迎えたいものですね。

今年の後半もまた目標に向けて色々やらないといけないのですが、
製造部の課題は膨大。本当に膨大。
日々スムーズに仕事をこなしていくための仕組みやルール作りが
後半の大きな課題になってくるんじゃないかと思っています。
経営・工場|2014/08/07 Thu

体制強化

こんにちは。
スタッフRです。

梅雨もあけ、7月ももう終わりに近づいています。
月末です。今月も月末でバタバタしております。

弊社には本社工場と成形工場がありまして
少し前から体制強化のために
成形工場から本社工場にスタッフが移動してきております。

体制が変わる時は一時的に労力がかかります。
今は大変なときかな、という感じです。
ただ、いい方向に向かっているのは確かです!!


今後はきっと、新しいスタッフがこのブログにも
少しずつ顔出すと思いますので
皆様、楽しみにしていてくださいね♪

     ☆スタッフR☆
その他|2014/07/28 Mon

二次加硫

ゴムには二次加硫という工程があるものがあります。

主にシリコーンゴムに対して行う工程です。

目的としては、低分子量シロキサンがゴム成分内に残留してしまう

のですが、これを高温で長時間加熱処理することにより、

揮発させゴム成分の中から除去をする工程なのです。

これらは、シリコーンの原料であり、

オイルや加硫ゴムなどのシリコーンゴム製品となった後にも微量に

残ってしまうものです。(不純物ではありません)

使用用途によっては厳しく管理を求められるケースもありますが

材料メーカーの推奨の条件にて揮発させることによって

問題なくご使用頂ける状態にして出荷させて頂いております。

他の材質でも(フッ素ゴム、アクリル、H-NBRなど)

必要な材質もありますし、加硫方法によってはEPDMなどでも

二次加硫が必要なケースもあり得ます。

物性を安定させるためや、きつい匂いを飛ばすためであったり

いろいろな用途で利用することもあります。

時間は1時間~4時間程度が平均ですが、

長いものですと24時間入れるようなケースもあります。

いろんなサイズの釜がありますが
こちらはシリコーン用で小さ目のものです。

釜1

こちらは大き目の釜です。
弊社ではフッ素ゴムや、過酸化物加硫のEPDMなどを
いれております。

中身1

ゴムにはいろんな工程がありますので

いろいろ紹介して行きたいと思います。    K.O
その他|2014/07/21 Mon

ゴム耐熱

Tブです。


台風8号が東海地方にも近づいています。

沖縄、九州では被害もでているようなので

皆さん充分に警戒し、お気を付け下さい。




さて、今回は耐熱について・・・

そもそもゴムは、それほど熱に強くないもの。

熱によって架橋、硬化しますが、

ある一定の温度を超える熱により分子の鎖は劣化し切断され、

軟化したり、機械的性質が低下し、変形し形状を保てなくなってしまうからです。


ゴムの種類によって耐熱温度は異なりますので、

使用温度環境によっての材質選定が必要です。


耐熱温度には、

耐熱限界温度 と 耐熱安全温度 と言われる2分類があり

・耐熱限界温度は… 短時間で物性を損なうことなく耐える温度。

・耐熱安全温度は… 使用される環境下で物性を損なわず連続して使用可能な温度。

となっています。


また、熱に関わるもので

難燃の規格があり、その尺度として規定の試験方法により

UL94 と言われるものがあり

94-V0、94-V1、94-V2、94-HB 

の(優れたものから)順に等級わけされます。



耐熱・難燃ともに、ご使用の環境をお聞かせ頂き

より良いご提案をさせて頂きます。

お気軽にお問い合わせ下さい。
その他|2014/07/10 Thu

耐摩耗性のゴム

こんにちは!代表の久納です。




今日はゴムの耐摩耗性についてお話しします。




検索エンジンで『ゴム 耐摩耗性』と入れるとウレタンゴムというゴムが、ゴムの中では耐摩耗性に一番優れると書いてあります。





たしかにウレタンゴムの耐摩耗性はゴムの中でも随一で、摩耗性能を要求される様々な箇所に使われています。


またウレタンゴムの中でもドイツ製の”ブルコラン”という商品はかなりの耐摩耗性能を誇ります。(どれ位の違いがあるか気になる方は検索してみてください)



ただし、耐摩耗性の要求に加えて、耐熱性、耐水性、耐油性、耐スチーム性、などなどの他の要求がある場合は注意が必要です。




ウレタンゴムは耐摩耗性能はゴム随一ですが、上記の特性はあまり強くありません。



例えば、環境温度130℃の中での耐摩耗性、や、常時水(油)に浸かる、もしくは常時水(油)が掛かる環境での耐摩耗性、はたまた高温高湿下での耐摩耗性、などという要求値が必須であればウレタンゴムは選定から外れます。※別のご提案できる配合がありますので詳しくはお問合わせください





また、規格品のゴムシートから切削で作る場合も要注意です。

数量が少なければしょうがない場合もありますが、切削品は金型成形品と比較して耐久性能は落ちるので求めている耐摩耗性に達しないこともあります。




どんな要求値がある場合でも同じなのですが、ゴムは弾力性が特徴の素材ですので他の素材と比べると耐久性(ライフ)は短いのです。そこを考慮に入れてどのようなご提案をするのかはお客様からのヒアリングが最も重要です。



ゴム部品の耐摩耗性について、出来るだけ高品質で、出来るだけ安価なものを検討されている方はぜひ一度お問合わせしてみてください。



それではまた来週!
特殊ゴムパーツ|2014/07/09 Wed

忙しい忙しい・・・

スタッフKです。

非常に忙しいのです!
なぜかと言いますと、生産量が増えているからなのです。
最近はあまり多く在庫を持つ事をしていなかった弊社ですが、
生産の都合が納期に振り回される事が多くなり、
在庫をしっかりともってロスを省こう!という試みからです。

で、在庫をもつためには工場のスタッフには残業をお願いしなければいけなく。
成形工場は夏はクソ暑い!余裕の40度超え!というのは
何度かここでも書いた気がするのですが、
本格的な夏がやってくる前に出来るだけやっておこうと。
真夏に毎日2時間残業とかは本当に体がしんどいですからね・・・。

そんなこんなで生産量が増えると社内的なトラブルも少しずつ増え。
僕や製造の管理者連中はバタバタと走り回る毎日なのです。
まあでもトラブルもあったけど良くなった事もたくさんあったので
収穫量は多い月でした。7月に活かせるようにしなくては。

今日はお客さんの工程監査もあってこれまた忙しい日でしたけど
新しい仕事の話もたくさんあって飽きない毎日ですね。
あとはスムーズさの確保を重点において・・・明日も頑張ります。
経営・工場|2014/06/25 Wed

W杯

こんにちは
スタッフRです

みなさん、見てますか?W杯(*゚▽゚*)!!
地球の裏側で行われているので
寝不足、という方も多いのではないでしょうか

私は…残念ながら
あまりリアルタイムでは見られていません

そんな中、今日はギリシャとの試合が朝7時から!
これは見るしかない、ということで
いつもより早く出勤してスタッフ数人で観戦しました☆
途中までですが…

やっぱり、一人で見るのとみんなで見るのとは違いますね♪
朝から緊張で肩に力が入ってしまいどっと疲れが出ましたが
大勢で見ると楽しさ倍増ですね

結果は残念ながら引き分けでしたが
小さな光を信じましょう!

次回は是非とも、ダイコーゴム製のボールで( ̄ー ̄)ニヤ...

          ☆スタッフR☆
その他|2014/06/20 Fri

ゴムって

Tブです。

東海地方も梅雨入りし

はっきりしない天気が続いていますね

このジメジメの暑さなんとかなりませんかね~




次回につづき

ゴムって一言で言ってますが何なんだろ~?

その2です。


皆様が日常で触れることが多いゴムというと

タイヤや輪ゴム、消しゴムでしょうか?



タイヤは道路との摩擦に耐えるため、

様々な工夫がなされていますが、基本中の基本の薬剤として

カーボンブラックというものが多量に混ぜ込まれています。

ブラックというだけに真っ黒な粉で、補強剤です。

これを入れることで黒くなり、ゴムが強くなります。


輪ゴムは天然ゴムで出来ているものが主流ですが、

天然ゴムは一般的に耐摩耗性など力学的性質が良いとされています。

長期間、一般環境で保管しておいたものを

伸ばすと切れてしまったりすると思いますが、

これは、耐オゾン性に劣ることによるものです。



消しゴムも、

むか~し昔は天然ゴムで作られていたことがあったようですが、

現在ではゴムのような樹脂製のものが主流でしょうか。



使用環境によって様々な種類のゴムが御座います。


シール・パッキン.comでは

お客様のご希望やご相談に合ったゴムを

ご提案させて頂いておりますので、

お気軽にお問い合わせ頂けますと幸いです。
その他|2014/06/09 Mon

ゴムの技術

こんにちは!代表の久納です。



このブログ、なんだか随分ご無沙汰になってしまいましたね。。。




僕の番だったのですが、忘れ、いや書く時間がなくここまできてしまいました。(汗)





お陰様で最近はアベノミクスの影響か、ネットからのお客さまも、既存のお客さまからも、多くの引合いを頂いております。


本当にありがたいことです。


ただ弊社はかなり前からアナログ的なところもウェブ等でのデジタル的なところでも発信はしていて社員一丸となってやって来たという自負も実はあります。



自分たちが自分たちの出来ることを発信していくことは本当に大切なんですね。






何が出来るのかを明確にお伝えしていくことで皆さまがそれを発見しお問合わせに繋がっていく、そんな流れがしっかりと出来ていて僭越ながら今のような環境があるのだと思っております。




それもこれもお客様が弊社のことを注目したり、発見したりしていただいて初めて成り立つことなので、やはりお客さまあっての弊社だと再認識しております。





しかしそういったご期待を裏切らない実力というものは、日々の努力の積み重ねでしか成しえないと考えています。




また積み重ねているものの密度もすごく重要だと思っています。




シンプルに考えると、凝縮された体験を日々どれだけ積み重ねることが出来るのか、が真の実力になっていくということです。




ゴムの世界は製造業としてはニッチでアングラな業種とも言えます。


お客さまの大半はゴムのことが良く分からず、しかしこれまでの付き合いのある会社がこれが良い、と言ってきてるから、じゃあそれを採用しよう、みたいなことをご経験されています。



ゴム業界の悪いところですが、ゴムとは特殊なもの、という概念があり、またそれを利用して過剰な利益を得ている会社もけっこうあると思います。



僕は以前から業界のそういった風潮に嫌気がさしていて、スタンダードなものはスタンダードですよ、スペシャルなものはスペシャルですよ、とお伝えしてきました。




なのでネットのお問い合わせも「ちょっとおしえてほしいんだけどさ~」みたいな方にもしっかりと教えちゃいます。




ちょっと電話で教えたくらいでその会社が世の中から必要とされないのなら、本当はその会社は世の中に必要とされてないのかもしれません。




だから技術知識は基本的に全部お伝えしています。でも知識を得ても実行が伴うかは別物ですからね。



そこに弊社の価値があると思っています。社員全員がそのことを理解してお客さまと接するよう、日々精進しています。






つらつらと思ったことを書きましたが伝わりやすかったでしょうか?(笑)ダメ?そうですか。。。

もっと上手に伝えることを勉強しなきゃね。。。




それではまた来週!
経営・工場|2014/06/06 Fri
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 /48 >>
お問い合わせはお気軽に! 0120-468-956 メールでのお問い合わせ

当ホームページをご覧いただきありがとうございます。シール・パッキン・ガスケットのことなら当社にお任せください!まずはお気軽にお問い合わせください。